24時間の「子育てホットライン」をはじめました!

三つ子事件に署名してくださった38,191 人のかたへメッセージを送らせていただきました。

2020年4月11日 —

こんばんは、
大阪の三つ子の母、直島美佳です。

いかがお過ごしでしょうか。

わたしが住む大阪は緊急事態宣言が
出ていますが、
その中でも花の苗を買って植えたりして
楽しんでいます。

本音は、三つ子と24時間は
しんどいですが。

みんこそ(みんなで子育て研究所)の近況を
聞いていただけると嬉しいです。

今は「育休パパ検定」のテキスト作りで
寝る間もありません。

どうしてみんこそが「育休パパ検定」を
するかというと、
「ひとりで子育てするひとを
無くしたいから」です。

パートナーが協力してくれたら
やっぱり助かります。

家庭の中から
「子育てはお母さんひとりがするもの」
という意識を変えていく。

そこから会社、
社会へと広がっていくと
思うんです。

パートナーの意識が変わり
1週間に30分でも
子育てを休憩してほしいです。

パパ検定という名前ですが
子育て経験は関係ありませんし
性別も関係ありませんので

よかったら受験されませんか。

育休が根付くまで
年に2回、10年開催予定なので
有料です。
(どうして無料じゃないの?という
お声もいただきますが、
そうじゃないと20回開催できないから
ご理解いただけると嬉しいです。)

みつご事件に署名してくださったかたは
きっと
「みんなで子育てする社会の実現」
に「いいね」と思ってくださってると
思いますので

みんなで子育ての第一歩として
「育休パパ検定」を
受験してみてください。

くわしくはこちらをどうぞ。
http://minnadekosodate.org/ikukyupapa-test

そして最近は
「子育てホットライン」をがんばってます^^

子どもが学校へ行ってくれると
ちょっとだけ子育てを休憩できます。

でも休校になっている今、
ますます子育てを
ひとりでがんばらないといけなくなって
しんどくなっているひとが
いると思うんです。

ホットラインの24時間対応は
大変ですが
みんこそは
「しんどい子育てをしているひとを
無くしたい」と思っているから
続けます。

とはいえ、
わたしはアドバイスはできませんから
一緒に泣いているだけなんですけどね、、、

「ひとりじゃないんだな」って
思ってくれると嬉しいです。

昨日はスマホの音が出なくて
3回もかけてくれたひとの
電話を出られなかったので
申し訳なかったです(涙)

もし、署名くださったかたで
お電話をくださるかた。

ひとりでしているから
電話に出られないときもありますが

こりずに何回も
かけてくださいね。

子育てホットライン

以上、みんこそ(みんなで子育て研究所)の
近況です。

今も署名が増えていて
みなさんの温かさを感じます。

ありがとうございます。

これからもどうぞよろしく
お願いします。


 

ご支援・ご寄付のお願い

みんなで子育て研究所では取り組みを支援してくださるかたを募集しております。
取り組みに参加していただけたり、寄付によるご支援をしていただけます。

ご賛同いただけましたら
「ご支援・ご寄付はコチラ」ボタンよりご支援ください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。